So-net無料ブログ作成
ProLiant ML110 G6 ブログトップ

HP ProLiant ML110 G6 ネットワークアダプタのドライバ更新 [ProLiant ML110 G6]

HP ProLiant ML110 G6 を仕事用のワークステーションとして利用中。OSはWindows 8 Pro x64。

この機種のネットワークアダプタは、「HP NC107i PCI Express Gigabit Ethernet Server Adapter」というものであります。

で、ここ1年くらいGPU以外のドライバは放置してたので調べてみたところ、HPのWEBサイトに「HP NC107i Integrated PCI Express Gigabit Server Adapter for Windows Server 2012 Essentials Ver.15.4.0.19(B)」がアップされてました(Windows 8世代のServer OSは、2012なんですが、全てx64なんで32bit版のWindows 8な人は使えるか分かりません)。日付が2013年3月13日って事なんで新しいですね(既に7月ですがwww)。中身は、Windows 7世代のWindows Server 2008 R2用と同じものです。

更新内容を見る限り(英語なんでよく分かりませんけど)、一般人というかただのハードウェアの信頼性の高いデスクトップPCくらいの感覚で使っている私みたいな人には何の関係もなさそうです。

あと、このNICのファームウェアも2013年4月12日にVer.3.1.1.22が公開されています。こちらは「CRITICAL」になってますけど、このNICには関係なさそうです。ファームウェアのバージョンアップはよく分からないのでやらない方が良いかな?って思ってます。いちおう動かなくなると困るんで。予備のアダプタがあるとか、サブで使ってるのでトラブっても良いという人はどうぞ。


HP ProLiant ML110 G6を2台購入...してしまった [ProLiant ML110 G6]

HPが作りすぎて在庫が大量に流出しているのかは知りませんが、HP ProLiant ML110 G6シリーズがそこら中で大量に、そして激安で販売されてます。

というわけで(という訳ではないんですが)、2台も買ってしまった。

1台は、会社で仕事用に使うために、Xeon X3430搭載モデルを32,800円で購入(安!!)。OSは付いてないので別途Windows 7 Professional SP1 DSP(USB3.0ボード付き)を16,800円で購入。

ちなみにHDDすら付いてないので(そりゃ安いわな)、というか前のPCのを載せ替えるので必要なくて私的にはベストスペック。ちなみに流用したのはTOSHIBAの実運用重視の設計(らしい)なアイ・オー・データ機器のSSDを2台(偶然にも外観にキズありとかで、2台で1台より安く買った代物。)をRAID 0で搭載しました。このアイ・オーさんのTOSHIBAチップ採用SSDは数値上のスペックは大したことないんですが、ハードに使い倒してもSSD特有のパフォーマンス低下とか、意外と高い故障率(ちなみに今のところ別のSSDとしてIntelとJ-Microのものを会社で所有してますが、J-Microは初期不良で3日で壊れました。)を低くするための設計をしているらしく(ホントかどうかは技術屋ではないので知りませんが、雑誌のインタビューで開発者は語ってました)、まぁパフォーマンスの低さ(HDDに比べれば超高速です)はRAID 0で補おうっちゅう事です。

話を戻しまして、ML110 G6はM/B的にメモリーは本来ECCメモリーが必要なんですが、Xeonだと非ECCでも大丈夫らしいとの情報を得たので、その時一番安値だったPC3-10600 Non-ECC DIMM 4GB(ヒートスプレッター付き、これってホントに意味あるのかは良くわかりません)を2枚購入(確か2枚で6,980円だったと思う)。ECCなくても動くってのはいいこっちゃです。

あっ、あとグラフィック系統がしょぼしょぼなので(まぁ本来の設計がサーバー用なので、力を入れてるわけもないんですが)、こちらも前PCに搭載されていたGeForce 210を流用してます。まぁ使用目的がIllustorator CS4とかグラフィック関係が色々なのと、CAD系をバリバリという感じなので、GPUのスペックはAeroがグリグリ動くだけで省エネ設計であればOKです。

そして、もう1台はと言いますと、こちらは自宅用のサーバーで、現在わが家で活躍中のAtom搭載Acer H340-S2を置き換えるため(わが家の夏の室温はハンパ無く、ファンフル回転でも70度超える超大ピンチで、うるさいのは何とか我慢できたけど、それより高温でHDDぶっ壊れるんじゃないかと毎日のドキドキに耐えられなくなったのが本音)、13,800円というこれまた激安でCeleron G1101という生まれて初めて見たCPUのものを購入。

なんだこのCPU?って事でググってみると、どうやらCeleronのくせにデュアルコアにして64bit対応(まぁこれは今となっては普通?)で、仮想化宜しくVT-xも使える(VT-dは使えないけど)という頑張り屋さん。

DLNAでトラスコに耐えられないAtomよりは少しは役に立ちそう。でもまぁ所詮はCeleronだから期待はしてないけど、ハードの設計もしっかりしてるし、なんと言ってもネットをぶらぶらしていると、Xeon L3426という超低電圧な省エネXeonも動くみたいなので(将来的にはこっちに移行すると思う)、速攻で2個目を買ってしまった。

こちらはHDDは付いてまして(まぁH340から移行するのでべつに要らないんだけど)、OSはないので、Windows Home Server 2011 DSP(USB3.0ボード付き)を11,900円で購入(なかなか安いな)。と言うか買ってから思ったんですが、別に自分の使い方としては、WHS2011も別に要らなかった気もするが、まあ3TBのHDD対応とかもあるんで、将来を見据えての初期投資って事で無理矢理納得。

メモリーが2GBしかないので買おうとしたけど、XeonじゃないのでECCメモリーじゃないとダメなんだけど、高い!!高すぎる!!って頭を抱えていると、珍しく閃きが発生し(たぶん普通の人は余裕で分かると思うんですが)、さっきのXeonに初期搭載されていたECCメモリーがあるではないか!!って事で流用します。安いどころかタダで増設出来た気分。ナイショですが、仕事用のは会社の経費で買ってるので、気分じゃなくてガチでタダです。家のをちゃんと自腹で払うところが偉いですな。まぁ経理上、別に混ぜて買ってもバレやしないが。

んー世の中、価格破壊とは言うものの、こんなに安くて良いんだろうかと思ったり思わなかったり。次世代機のG7が出たというのに、まだまだG6の在庫はあるみたいだから、廃棄処分になるよりはエコだ。

しかしです。USB3.0ボードが2枚余る。

基本的に仕事関係の重要なデータは全て、会社にあるRAIDでHDD4台ミラーリングという安全設計過ぎるファイルサーバーな上に、クラウド連携で無制限にバックアップが取られてるので、USBでHDDやらDVDやらの外部ストレージにバックアップを取るだとか、USBメモリーで出張先に持ち出すとかもないので、Bluetoothと携帯の充電用にUSB2.0端子が2個ほど必要なだけだったりします。たまにフロッピーも使うので(ってどんだけ古い機材使ってるんだ?うちの会社。それはさておき、FDドライブって何かメーカーから販売店に販売を中止するように通達があったらしく、在庫は全てメーカー引き取りで、日本国内からFDドライブが一瞬にして消滅しちゃいましたね。ビックリです。うちの古い機械でFDじゃないとデータ書き込めないのがいてるんですが、壊れたらどうしましょう...修理はしてくれんのかいな?)、それを入れても3個のUSB2.0が必要なだけだったり。

とまぁ脱線しまくりですが、結局何に使えば良いのやら。ただ偶然なのかは知らないですが、どれもNECチップ搭載なので、もし使いたくなったときには安心して利用できるのはありがたいです。


ProLiant ML110 G6 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。